TOP > ペット施設について > ペットに行うトリミングの必要性について

ペットに行うトリミングの必要性について

ペットに欠かせない施設は数多くありますが、定期的に利用する必要がある施設の1つとしてトリミングサロンがあります。トリミング自体は全てのペットが必要なわけではなく、特に犬の種類に必要な施術の1つになります。以前まではトリミングを行ってくれる施設の数は少なかったですが、最近では専門の店舗も増えてきており利用しやすくなってきています。トリミング自体は必要な犬の種類としては、プードルなどの他にポメラニアンやテリアなどもいます。トリミング自体は単純に犬の毛をカットして綺麗に整えるというだけではありません。カットして整える必要があるという点が大きな理由になります。犬の種類にはシングルコートと呼ばれる被毛タイプがいます。一般的にはダブルコートと呼ばれる被毛であり、夏や冬など季節によって変わる温度に合わせて被毛が抜け変わ利が行われますよね。

ですが、ダブルコートの被毛をもった犬種は毛の生え変わりが行われません。そのためトリミングをしない状態で放置してしまうと、被毛は伸び続けてぼさぼさになってしまいます。人も髪の毛が伸びたらカットすると同じように、定期的に被毛のカットが必要な犬種のためにトリミングが必要といえますね。ではトリミングは単純に伸びた被毛をカットすればよいのかですが、単純にそれだけとは言いきれません。伸びた被毛をカットすると見た目を綺麗にするというだけでなく、衛生の面で清潔な状態を保つ効果も上げる事ができます。またトリミングはケガを未然に防ぐ効果があります。被毛が伸び続ける犬種の場合、身体の被毛だけでなく足の間の被毛も伸び続けてしまいます。そのままの状態にしておくと、フローリングなどで室内で飼育されている場合に被毛で滑って転倒するリスクがあります。

老犬などは転倒などの衝撃で骨折する場合もあるので、被毛のカットは重要ですね。またノミやダニといった害虫を防ぐ効果もあります。被毛が短ければ害虫自体が隠れる場所がなく、シャンプーもしやすいので清潔に保つことができますよ。その他に暑さに弱い犬種の場合、被毛が長い状態では熱がこもって熱中症になる事もあります。トリミングをして被毛を短くすると熱がこもりにくく、風通しも良いので暑い時期でも熱中症の予防に繋がります。このようにトリミングを行う事で、ペットの犬にとっては良い事がとても多いです。ペットの健康状態を良好に保つためにも、定期的にトリミング施設を利用して綺麗にカットしておく事がポイントと言えます。また新しくペットを家族として迎えることを考えている場合は、トリミングが必要な犬種なのかどうかもしっかり確認することが大切ですね。

次の記事へ