TOP > ペット施設について > ペットホテルを利用するまえにしておくべきしつけの種類

ペットホテルを利用するまえにしておくべきしつけの種類

ペットを飼育する人はとても多く、それと同時にペットに関する施設も数多くあります。病院やトリミングサロンなどは、重要な施設の1つですよね。ですがいつか利用するかもしれない施設の1つがペットホテルになります。ペットホテルは飼い主に変わってペットを預かってくれる施設であり、食事や排泄の掃除だけでなく散歩などを行ってくれる施設もあります。ホテルを利用する場合としては、旅行なので数日家を開ける場合がありますよね。また急な病気であれば数日検査入院なども多く、その場合も家を不在にする事になります。1日程度であればペットだけでも問題はありませんが、数日となると食事の問題もありいざという時はホテル施設の利用は重要ですよね。では実際にホテル施設を利用する場合は、事前に済ませておくべきしつけがあります。

留守番などペット一匹で過ごす時間に慣れさせておく必要があります。家族で生活している場合、専業主婦の方は1日中家にいる事が多いですよね。ペットにとってはご主人が家にいる事が当たり前の状態になれていると、たった1日お留守番をする場合でもパニックになったり寂しくで無駄吠えをする場合があります。お留守番や一匹にいる事をしっかりしつけられていない状態では、ホテルを利用するのが難しくなってしまいます。次にクレートやゲージなどに慣れさせておく必要があります。昔はペットとして飼っている犬は、庭で飼う事が一般的でした。ですが最近では室内で飼育している犬が多く、猫も基本的に室内ですよね。普段は家の中で自由に生活出来ますが、ホテル施設の場合は狭いゲージの中にいる事になります。

クレートやゲージになれていないとあばれてしまい、最悪けがをする恐れもあります。そのため普段から寝るときや留守番する時などは、ゲージなどに入れて慣れさせておくようにすることが必要になります。最後にホテルを利用する前に行っておいた方がよい内容として、しつけとは異なりますが予防接種はワクチンなどがあります。もちろんホテル利用直前に必要と言うわけではなく、ホテルの施設によってはワクチンや予防接種の証明書が必要な場合も多いです。証明書がなければ利用自体ができなくなるので、事前にしっかり済ませておくことが大切ですね。このようにホテル自体はとても便利なサービスとして活用する人も多いので、突然の病気や旅行など様々な状況を想定してしつけを行っておくと安心して利用することが出来ます。